wake up  そろそろ起きようか。


整骨院の院長をしています。身体のみならず、こころも元気になるような、治療を心掛けています。2年前に人生上昇塾に出会い、そこで観念浄化ワ-クを実践し、今は、ツア-ガイドを担当させていただいてます。
by h-hikari37
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:しあわせ( 6 )


あるがままに生きる

第2回の大阪セミナ-のテ-マ「あるがままに生きる」

なんですが、どうすれば、どうしたら「あるがまま」で

居られるのか?

何故、「あるがまま」で居られないのか?

それは、「超自我」に支配されてるからなんですね。

「超自我」は「あるがまま」では居られないんです。

「いま、ここ」に居られない存在なんです。

「超自我」は自分を否定し、現状を否定して、

よくなろうと必死なんですね。

何処に向かって頑張ってるのか?

夢や希望が叶えて、「しあわせ」に向かって

「しあわせ」になろうとしてるんですね。

このしあわせを妨げている存在が

しあわせになろうとしているんです。

無茶苦茶な話ですよね。一生なれません。

そもそも、しあわせになる、ってことは

ないんですね。

現状をかえるため、自分を変えるための

浄化をして「しあわせになる」「あるがままになる」

ことはありません。

「超自我」の「善悪の観念」を落としていくことで

「しあわせで在る」「あるがままで在る」ことに

気付くことなんですね。

「為る」ではなくて「在る」

doingではなくbeingなんですね。

僕たちは、本来「そのもの」なんです。

これ以上、何者にもなれないし、

なる必要もありません。

「そんなこと言われても・・・。」
「今のままで良い訳がないやん!」
「こんな自分で良い訳がないやん!」
「わかった風なこと書くな!」
「私にはムリ!」

なんて言ってる「超自我」の「善悪の観念」を

徹底的にやっつけましょう!

今日も、最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

人気ブログランキングへ  ランキングに参加しました。ポチっと押すと
あるがままで生きれます。
[PR]

by h-hikari37 | 2011-01-19 09:38 | しあわせ

幸福論

ある本で、某有名大学の名誉教授が「幸福」に
ついて書いてあるのを読みました。

古今東西の「幸福論」を読み解き
幸福についての考察、幸福であるための
生き方が書かれてありました。

「願望が実現したり、社会的に成功したときに
人は幸福感に包まれます。

でも、そのあとには虚しさがやってきて
すぐに幸福感が遠のいていきます。」

では、どうすれば幸福を継続させることが
出来るのか?

「何か一つのことを成功させたら、
そこで立ち止まらずに、間髪を
入れずに次の目標を設定します。

それに向かって努力することで
幸福感は続きます。」

「人は、幸福感を得るためには
常にストレスを必要とする生き物です。

ラクで楽しいだけの苦しみのない
人生は幸福ではない。」

「本当の幸福は、苦しみや悲しみを
味わうこと無しには得ることができない。」

とまぁ、こんな内容でしたが、これが

本当であれば、僕にはムリですね。

禅の老師がよく言ってる言葉に

「学者が100人集まって
100年考えても本質の世界は
わからない。」

「ほんとうのしあわせ」は理屈ではないんですね。

知識ではなく体験を伴って体感するものなんですね。

第2回のセミナ-では、わかりやすく伝えたいと

思います。

今日も、最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

人気ブログランキングへ  ランキングに参加しました。セミナ-に参加しなくても押していただけるだけで、うれしいな。
[PR]

by h-hikari37 | 2011-01-17 12:33 | しあわせ

お金

浄化ワ-クでは、「お金」に付いてる観念を

徹底的に浄化しました。

「お金があれば・・・」
「お金が無いと・・・」
「お金が無いから・・・」
「お金が無くても・・・」
「お金があっても・・・」
「お金持ちは・・・」
「貧乏は・・・」
「お金の教訓」
「お金の為にしていること」

等、とことん何回もやりました。

そして、ある時

「僕は、お金が欲しかったんじゃなかった。」
と言うことが腑に落ちました。

そして、お金で得られる物、事が
欲しかったんじゃなかったのです。

その物事を得たことで、得られる
感覚が欲しかったのです。

一軒家
ベンツ、ポルシェ
ファ-ストクラスの海外旅行
ブランド品
魅力溢れる人

等、
それを持ってる自分、
そんな、ライフスタイルを送れる自分、
そんな人になってる自分、

それで、得られる
「達成感」
「充実感」
「優越感」
「安心感」

そんな、「こころ」の状態が欲しかったのです。

そして、それが「ほんとうのしあわせ」だと
思ってました。

でも、自我はこんなことでは満足しません。

「まだ、足りひん」
「もっと、良い物があるはずや」
「これは、失いたくない」

結局、外に求めても「ほんとうのしあわせ」
には、出会えないんですね。

「ほんとうのしあわせ」は、

「どこか」にあったり、
「何時か」になれるものじゃないんです。

「いま」「ここ」にしか無いんです。

そんな「こころ」の状態になったら
どうなるか?

もう、全てを手に入れた、
全ては、自分の中にあった、
と言うことですよね。

じゃぁ、「もう何も要らないんですか?」
って、聞かれたら

「いいえ、欲しいものは欲しいですよ」
って、答えますよ。

でも、そこには、「執着」が無いんですね。

手に入っても、入らなくても
失っても、どちらでも良いんです。

外の状況がどうなっても
「ほんとうのしあわせ」とは
関係がないんですね。

これほど楽チンな人生、ないですよね。

とは言え、まだまだ残ってる「こころの癖」
は、浄化と坐禅で落として行きます。
[PR]

by h-hikari37 | 2010-11-07 11:00 | しあわせ

ギャップが埋まれば

以前の日記にも書きましたが、
成功哲学や自己啓発系、セミナ-に
行って、そこまでして自分を変えたかったのは
「お金」なんです。

今の自分ではなく、

「魅力溢れる人」
「腕の良い治療家」
になれば、患者さんが一杯来て
収入が増える。

そうすれば、
「乗りたい車に乗れる」
「食べたい物が食べられる」
「着たい服が着れる」
「行きたい所へ行ける」

このままの自分では、
「乗りたい車に乗っていない」
「食べたい物を食べてない」
「着たい服を着ていない」
「行きたい所へ行けてない」

「お金」さえあれば、このギャップが
埋められる。

このギャップが埋まれば埋まるほど
「しあわせ」になれると思ってました。

実際、夢を叶えてる人を見ると
羨ましく思い、
「いつか、自分もそうなるんだ。」
と、思いながらも
「どうせ、無理やろな。」
と言う、思い。

でも、外側に「しあわせ」を
求めてる限り、「ほんとうのしあわせ」
は、わからないんですね。

そんなこと、当時の僕には
わかるはずもありません。

今日も、最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
[PR]

by h-hikari37 | 2010-10-30 14:49 | しあわせ

本当のしあわせ

では、「ハイ!」って答えた方に聞きます。

「あなたは、何故、しあわせなんですか?」

「今度、結婚するんです053.gif
「一戸建てを買ったんです029.gif
「就職が決まったんです049.gif
「赤ちゃんが出来たんです058.gif
「ハワイ旅行が当たったんです010.gif
「息子がドラフト1位でタイガ-スにいったんです068.gif

お-、みなさん素晴らしいですね。

ところで、その状況が逆になったらどうですか?

結婚が破談
一戸建てが地震で壊れた
内定が取り消し
間違えだった
病気で行けなかった
怪我ですぐにクビ

いきなり、不幸ですよね。

実は、「幸」「不幸」はコインの裏表のように
同時に存在するんですね。

これは、全ての現象がそうです。

それを表してるのが「陰陽太極図」なんです。

万物は相対して同時に存在する。

上と下 右と左 前と後ろ 男と女 という具合です。

1枚の紙は紙ですが、これに
「こっちが表」、と言った瞬間に「裏」が出来上がります。

それと同じように、「これが幸だ」と言った瞬間に
その逆が「不幸」になります。

世の中、本当にしあわせな人は、少ないと思います。

不幸か不幸でない人がほとんだと思います。

本当のしあわせは、この「幸」「不幸」を
超えたところに、あるんですね。

条件、状況で「幸」「不幸」を決めてるうちは
本当のしあわせは、解らないんですね。

「あれが、手に入ったら」
「これが、手には入ったら」
「あれが、しあわせか?」
「これが、しあわせか?」

と、「いつか」「どこかに」しあわせが
あるはずだ!と探せば探す程
本当のしあわせから遠ざかっていきます。

本当のしあわせとは、
「いつか」ではなく「いま」

どこかにあるものではなく「ここ」
にあります。

もう探すのを止めましょう。

今日も、最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
[PR]

by h-hikari37 | 2010-10-21 15:09 | しあわせ

本当のしあわせ

自我はしあわせになろうとして、必死です。

その原動力は

何かが、足りない!と言う「欠乏感」と
ここままでは、いけない!と言う「強迫観念」です。

そして、自我はじぶんのことを穴があいたド-ナツと
思っているので、その穴を「欠乏感」と「強迫観念」で
埋めようとします。

もっと、お金があれば!
もっと、大きな家に住めれば!
もっと、良い車に乗れたら!
素敵なパ-トナ-が見つかれば!
良い会社に入れば!
良い学校に入れば!

きっと、しあわせになれるのに、
いつかは、しあわせになれるのに、

って本気で思ってます。

ところで、あなたは「いま」しあわせですか?
と、聞かれて「ハイ!」と言える人がどれくらい
いるでしょうか?

そして「ハイ!」と答えた人に
「あなたは、いま、なぜ、しあわせですか?」
と聞いたら、なんと答えるでしょうか?

その、答えによってほんとうにしあわせか、
これが、しあわせだ!って思ってるかが
わかるんですね。

続きます。

今日も、最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
[PR]

by h-hikari37 | 2010-10-19 16:00 | しあわせ