wake up  そろそろ起きようか。


整骨院の院長をしています。身体のみならず、こころも元気になるような、治療を心掛けています。2年前に人生上昇塾に出会い、そこで観念浄化ワ-クを実践し、今は、ツア-ガイドを担当させていただいてます。
by h-hikari37
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2010年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧


ギャップが埋まれば

以前の日記にも書きましたが、
成功哲学や自己啓発系、セミナ-に
行って、そこまでして自分を変えたかったのは
「お金」なんです。

今の自分ではなく、

「魅力溢れる人」
「腕の良い治療家」
になれば、患者さんが一杯来て
収入が増える。

そうすれば、
「乗りたい車に乗れる」
「食べたい物が食べられる」
「着たい服が着れる」
「行きたい所へ行ける」

このままの自分では、
「乗りたい車に乗っていない」
「食べたい物を食べてない」
「着たい服を着ていない」
「行きたい所へ行けてない」

「お金」さえあれば、このギャップが
埋められる。

このギャップが埋まれば埋まるほど
「しあわせ」になれると思ってました。

実際、夢を叶えてる人を見ると
羨ましく思い、
「いつか、自分もそうなるんだ。」
と、思いながらも
「どうせ、無理やろな。」
と言う、思い。

でも、外側に「しあわせ」を
求めてる限り、「ほんとうのしあわせ」
は、わからないんですね。

そんなこと、当時の僕には
わかるはずもありません。

今日も、最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
[PR]

by h-hikari37 | 2010-10-30 14:49 | しあわせ

本当のしあわせ

では、「ハイ!」って答えた方に聞きます。

「あなたは、何故、しあわせなんですか?」

「今度、結婚するんですemoticon-0152-heart.gif
「一戸建てを買ったんですemoticon-0128-hi.gif
「就職が決まったんですemoticon-0148-yes.gif
「赤ちゃんが出来たんですemoticon-0157-sun.gif
「ハワイ旅行が当たったんですemoticon-0109-kiss.gif
「息子がドラフト1位でタイガ-スにいったんですemoticon-0167-beer.gif

お-、みなさん素晴らしいですね。

ところで、その状況が逆になったらどうですか?

結婚が破談
一戸建てが地震で壊れた
内定が取り消し
間違えだった
病気で行けなかった
怪我ですぐにクビ

いきなり、不幸ですよね。

実は、「幸」「不幸」はコインの裏表のように
同時に存在するんですね。

これは、全ての現象がそうです。

それを表してるのが「陰陽太極図」なんです。

万物は相対して同時に存在する。

上と下 右と左 前と後ろ 男と女 という具合です。

1枚の紙は紙ですが、これに
「こっちが表」、と言った瞬間に「裏」が出来上がります。

それと同じように、「これが幸だ」と言った瞬間に
その逆が「不幸」になります。

世の中、本当にしあわせな人は、少ないと思います。

不幸か不幸でない人がほとんだと思います。

本当のしあわせは、この「幸」「不幸」を
超えたところに、あるんですね。

条件、状況で「幸」「不幸」を決めてるうちは
本当のしあわせは、解らないんですね。

「あれが、手に入ったら」
「これが、手には入ったら」
「あれが、しあわせか?」
「これが、しあわせか?」

と、「いつか」「どこかに」しあわせが
あるはずだ!と探せば探す程
本当のしあわせから遠ざかっていきます。

本当のしあわせとは、
「いつか」ではなく「いま」

どこかにあるものではなく「ここ」
にあります。

もう探すのを止めましょう。

今日も、最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
[PR]

by h-hikari37 | 2010-10-21 15:09 | しあわせ

本当のしあわせ

自我はしあわせになろうとして、必死です。

その原動力は

何かが、足りない!と言う「欠乏感」と
ここままでは、いけない!と言う「強迫観念」です。

そして、自我はじぶんのことを穴があいたド-ナツと
思っているので、その穴を「欠乏感」と「強迫観念」で
埋めようとします。

もっと、お金があれば!
もっと、大きな家に住めれば!
もっと、良い車に乗れたら!
素敵なパ-トナ-が見つかれば!
良い会社に入れば!
良い学校に入れば!

きっと、しあわせになれるのに、
いつかは、しあわせになれるのに、

って本気で思ってます。

ところで、あなたは「いま」しあわせですか?
と、聞かれて「ハイ!」と言える人がどれくらい
いるでしょうか?

そして「ハイ!」と答えた人に
「あなたは、いま、なぜ、しあわせですか?」
と聞いたら、なんと答えるでしょうか?

その、答えによってほんとうにしあわせか、
これが、しあわせだ!って思ってるかが
わかるんですね。

続きます。

今日も、最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
[PR]

by h-hikari37 | 2010-10-19 16:00 | しあわせ

自我とは

自我が芽生える、と言われるように
最初から在った訳ではないんですね。

生まれたての赤ちゃんは、本質の世界に
生きています。

何にも認識が出来ないんですね。

本質の世界は認識以前の世界なんです。

只、赤ちゃんは本質の世界に生きてる
と言う自覚が無いんです。

そして、7ヶ月ぐらいから自我が芽生える、
と言いますが、上昇塾では
「脳の認識」=「自我」と言ってます。

生まれたての赤ちゃんは目が見えない、と言いますが
本当でしょうか?

僕は、上昇塾に出会うまでは、本当だと思ってました。

30年間目が見えなかった人が、手術によって
目が見えるようになったのですが、
その瞬間、光の洪水だったそうです。

光の濃淡があるだけで、何もわからなかった
そうです。

それから、リハビリであらゆる物を認識していくわけです。

机の端はここからここまで。
この人は、誰々。

まさに、赤ちゃんがこの状態なんだと思います。

光の洪水の中に生きてるんだと思います。

見性された方で、こんな体験をしてる方もいるようです。
「本質の世界は光のタペストリ-だ。」って。

赤ちゃんが色々認識していってるのを
「段々、目が見えてきた。」って言ってるんですね。

そして、最初は親から
「あなたは、こんな子だ」「あんな子だ」
と言われ、成長するに従って、

保育園の先生
小中高の先生
友人、知人から
「あなたはこんな子だ」「あんな子だ」と言われ、
それが「本当の自分」だと、どんどん勘違いしていくんですね。

只、レッテルを貼られてるだけなのに。

なんて、書いてる僕も、完全に「自我」に
支配されて生きてきました。

「自我」からの支配権を取り戻す。
それが、観念浄化ワ-クなんです。

そして、最終目的は「見性」です。

今日も、最後まで読んでくださり、ありがとうございます。  
[PR]

by h-hikari37 | 2010-10-16 16:38

本質の世界

その後、愛犬「ダイヤ」の散歩をしているときでした。

「何も認識しないで歩いてみよう。」と、思いました。

脳は見たもの、聞いたものを一瞬で認識
してしまうので、「本質」に触れることが
非常に難しいんですね。

木を見たら、「木」 車を見たら「車」
しかも記憶にあるメ-カ-、色、車種
と一瞬で出てきます。

思考とは過去のデ-タ-の蓄積なんですね。

そして、「見たまんま、聞いたまんま」と
呪文の様に口ずさんで散歩をしました。

木を見ても、「それは、それ」
車を見ても、「それは、それ」
人を見ても、「それは、それ」
何を見ても、「それは、それ」

すると、今まで数十年と歩き慣れた
並木道の木々が突然クッキリと
見えてきて、キラキラ輝いているんです。

またまた、感動です!

なんという、美しさ。

本当に、命溢れるエネルギ-を感じました。

2~3分もしたら又、元の景色に戻りました。

「思考」が働き出したのですね。

もう一回見ようとしましたが、それは
無理なことでした。

見ようとして、見られるものじゃないんです。

僕たちは、普段どれほど、思考に支配されてるか
と言うか、支配されてることに気が付いていない人が
ほとんどです。

「自我」=「思考」なので
人生を「自我」に支配されて生きてるんですね。

「自我」は自分が「本当の自分」と思ってます。
これが、最大の思い込みなんですね。

「本当の自分」は、「自我」ではありません。

「自分」-「自我」=「本当の自分」なんです。

この世界でどれほど成功しても、賞賛を得ても
「自我」を強化するだけで、「本当の自分」には出会えません。

「本当の自分」に出会う、といより「還る」為に
僕が、行ってる「観念浄化ワ-ク」

これは、すごいツ-ルなんですね。

いくら話を聞いても、わかりませんが
実践していくと、その効果には驚かせられます。

他にも、色々ツ-ルはあると思いますが、
僕には、このツ-ルがピタっと来ました。

最近では、「本当の自分」に出会えた人、
所謂、目覚め体験をされた方が
増えてるとネットでよく見かけます。

今、まさに「目覚めの時代」なんでしょうね。

2012年の「アセンション」
もうすぐですね。

ただこの「アセンション」に対して、様々な
表現がされているようですが、僕が思うには
「個々の目覚め」なんですね。

このブログのタイトルもそんな
想いからつけました。

今日も、最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
[PR]

by h-hikari37 | 2010-10-12 11:26

3度目の至福体験 5

その日のお昼休み、昼食を食べに「トンカツ屋」へ
行きました。

オ-ダ-をして待ってる間も

「しあわせやなぁ-」と浸ってると、いきなりです。

周囲がクリア-になって、店内の
テ-ブルや椅子、テ-ブルの上に置いてある
ポットや調味料の容器の輪郭がくっきりと
見えて、キラキラ輝いてるんです。

離れた所で店員さんがお客さんのお皿に
乗せようとしているキャベツの千切りの
1本1本までがくっきりと見え、

自分のテ-ブルをみるとそこに
置いてある調味料の容器、グラスが
今にも動き出しそうなエネルギ-を感じて
押さえてしまいそうになり、

「なんや-!これは!」と思うと
す-っと元の景色に戻っていきました。

その間、1分足らずだったでしょうか?

「これが本質の世界か。」

感動しました。今まで見た景色の中で
最高に美しかったです。

僕たちは、こんなに命溢れる
躍動感に満ちた世界に生きてるんですね。

いつもガイドさんは、
「私達は、本質の世界に認識の世界を
重ね合わせて生きてるんです。」と言ってます。

何を言ってるのかさっぱりわかりませんでしたが、
この体験ではっきり理解できました。

知識で本質の世界を理解することは出来ませんが
本質の世界に対する知識が有ると、自分に
「それ」が起きたときに、自分に何が起きたかが
理解できます。

本質の世界に対する知識が無いと
何が起きたかわからないまま、
もったいないことですが、そのまま
人生が過ぎていくんですね。

でも、知識ばっかり増やしても頭でっかちに
なってしまうので、やはり実践が最も大事に
なってきますね。

僕はこの体験を通して思ったことは、
「だれでも出来る」と言うことです。

ただし、素直に実践すれば。

続きます。

今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
[PR]

by h-hikari37 | 2010-10-09 21:03 | 至福体験

3度目の至福体験  4

それから、毎日がしあわせ。

ただ、ただ、しあわせなんです。

2度目の至福体験でわかったことは、
外的な条件としあわせはリンクしないってこと。

そして、今回で3度目の至福体験。
より、理解が深まりました。

もっとお金があれば、しあわせになれるのに。
もっと仕事で成功出来れば、しあわせになれるのに。
良い彼女ができたら。
良い彼氏が出来たら。
大きな一戸建てに住めたら。

そうすれば、しあわせになれるのに。
いつか、しあわせになれるのに。

こんなこと、思っていたら一生しあわせには
なれない、ってことがわかりました。

本当のしあわせは、いつか成るものではなく
今、この瞬間に気付くことなんですね。

条件なんて一切いりません。

僕たちは、もともとしあわせなんです。
だから、これ以上しあわせには
なれないんです。

これは、理屈や思考では理解が出来ないと
思います。

自我がしっかり存在している以上
しあわせを外に求めるからです。

「あ-なった、こうなったら。」
「あれが、手に入れば、これが、手に入れば。」

まったく、切りがありません。

もしそれが手に入ったとしても
喜びも束の間。

失う怖れや、また次に欲しくなる。

結局、これの繰り返しで
幸、不幸を行ったり来たり。

これは、これでエキサイティングなんでしょうが
いつまでもやってられませんよね。

幸、不幸を超えたしあわせ。

それが、本当のしあわせなんですね。

巷には様々なメソッドがあるけれど
僕の場合は、浄化ワ-クを実践することで
「しあわせの中」に居てることがわかりました。

そして、その日のお昼休みに
またまた、新たな体験をしたのです。

続きます。

今日も最後まで、読んでくださり、ありがとうございます。
[PR]

by h-hikari37 | 2010-10-06 16:04 | 至福体験

3度目の至福体験 3

ある日の、仕事中

物が食べられて「ありがたいな」
トイレに行っては「ありがたいな」
仕事が出来て「ありがたいな」

と、今まで条件付けの感謝をしていたな、と

思うと突然

「感謝の中で生きてる!」

と言う、実感がありました。

そして、

「幸せの中で生きる」と言うことも

実感できました。

以前、

「小さな幸せをどれだけ見つけられるかが
大きな幸せにつながる。」

と言う話を聞いたことを思い出しましたが、

「幸せの中で生きる」ことを実感した時

「幸せに大も小も無いし、見つける物でもない。
自分が幸せそのものや!」

すると、突然やってきました。

「あぁ-、来た-。」

以前の至福体験で感じた感覚がやってきました。

続きます。

今日も、最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
[PR]

by h-hikari37 | 2010-10-05 15:47 | 至福体験

3度目の至福体験  2

またまた、久しぶりの投稿です。

ホントに、月日が過ぎるのが早いですね。
10数年前の24時間が、今は16時間くらいの
感覚らしいです、って言い訳っぽいですね。

さて、今年の2月です。

僕にとって「当たり前」の浄化をしていたときです。

今ここに居ること。
空気がある。
水がある。
太陽がある。
地球がある。
両親が健在である。
嫁が元気。
娘が元気。
等、

思いつく限りリストアップしたものを、

許し、善悪と浄化しました。

今ここに居ることを当たり前と思う自分が許せない。

今ここに居ることを当たり前と思うことは悪い。

今ここに居ることに感謝することは善い。

と、このパタ-ンで続けていくと、

「あれ?」と思うことがありました。

~があることを感謝するのは善い。
~が出来ることを感謝するのは善い。

と、感謝することを条件付きでしてることに気付き、

感謝の善悪を浄化しました。

今ここに居ることを感謝するのは善い。
今ここに居ることを感謝しないのは悪い。

今ここに居ることを感謝しないのは善い。
今ここに居ることを感謝することは悪い。

と、このパタ-ンで浄化していくと

条件付きの感謝がなくなりました。

と言うか、感謝しか残りませんでした。

外の状況がどうであろうと「今ここ」には

感謝しか有りません。それが腑に落ちました。

地球が宇宙空間に存在出来る確率は、

朝のラッシュ時の山手線の東京駅で

目をつぶって走って誰にも当たらずに

ホ-ムの端から端まで行ける確率らしいです。(多分)

それを聞いたとき、今ここに居れることは

本当に奇跡的なことやな、「あぁ感謝せなあかん」

と、思考で感謝してましたが、

昨日は理屈抜きで「感謝しか無いわ」と、

感謝してました。

感謝ってするもんじゃないんですね。

感謝って溢れてくるもんなんですね。

感謝「する」は、自我の行為。
感謝が「溢れる」は、本質的なもの。

続きます。

今日も、最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
[PR]

by h-hikari37 | 2010-10-01 21:32 | 至福体験